ブーログ

FSタコ Voodooのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

投稿画像(エロではないですw

ある日の事…

moore少年はエイシスケイブで、

1人遊んでいたそうな…

時を忘れる程楽しい遊びを見つけたんだっ

moore『このスリルたまんNEEEEEEEEEEEE!!!!!11!!』

そう、ウォータースライダーで遊んでいたのです。

そして何度か繰り返すうちに…

『ガッ』



moore『ん?』




moore『え?』

moore2.jpg


全然困ってない様子ですが…w

moore4.jpg


呼びかけてますが…シーターってw

moore5.jpg


助けにかけつけたガイウスとユロ。

moore3.jpg


そして途方に暮れる…


とまぁムーア君から投稿があったので物語風にしてみましたが、
こんな死に方するんですなw

どうやって回収したらええんでっしゃろw
まぁしかしええもん見せてもらいましたw
スポンサーサイト
  1. 2006/03/21(火) 21:09:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

趣向を変えて…

今日は趣向を変えてリアルネタなんぞを…
リンクもさせてもらってるお友達のチリチリに触発されたのか
マイフェイバリットの音の話で。

p2585-mid.jpg


Red Hot Chili Peppers / レッド・ホット・チリ・ペッパーズ
「LIVE AT SLANE CASTLE / ライヴ・アット・スレイン・キャッスル」

これ2003年に発売されてて、もう3年前かって
いまさらかって思う人もいるかもですが
思い出した様に見て泣いてしまいますDVDなんですわ。

このバンド知ってる人なら分かると思いますが、
ギターの変遷がすごくて、コロコロ変わってるのです。

そんな中1stアルバムから通して、
このレッチリのオリジナルというか本当のギタリストというのは
自分的に2人しかいないと思っているのです。

まず1人目が結成前が1stでギターを弾いている
ヒレル・スロヴァック。
しかしキャリア3作目の
『THE UPLIFT MOFO PARTY PLAN』(1988年)の発表後、ヘロインのオーバードーズにより死亡。
その為ドラムのジャックアイアンズ(その後パールジャム加入)も脱退。
ヒレルのギターはセンセーショナルであったし、型破りでした。
ジミヘン以来の枠に囚われないスタイルで
まさにミクスチャーでした。
ミクスチャーというカテゴリーの先駆者であったと思います。

その後、現メンバーである
ジョン・フルシャンテ(Gui)とチャド・スミス(Dr)が加入。
そう。
このギタリストのジョンこそが、もう1人のレッチリの
本当のギタリストであると。
何が本当とかは自己基準なので了承戴きたい。

加入後すぐに
『MOTHER'S MILK』(1989年)を発表。

これを聞いて、ヒレルの生まれ変わりだと思った。
単純にそう思ったし、惹きこまれた。

そして1991年…
アメリカの西海岸…
カリフォルニア州はロスアンジェルスで奇跡が起きる…

『BLOOD SUGAR SEX MAGIK』(1991年)

その録音の様子は『FUNKY MONKS / ファンキー・モンクス』で見てもらえればわかりますが、
とある貴族が住んでいたという、幽霊屋敷で録音した
4人のファンキーなモンク達の波動の集大成なアルバムです。

こんなゴリゴリした、生々しいソリッドサウンドを
聞いた事がなかった。乾いた大地に染み込む雨水のごとく
吸収し、そして今も新鮮に輝いています。

しかし…
一気にスターダムに登りつめたからでしょうか
環境の変化についていけなかったのでしょうか
ジョンはヒレルと同じくドラッグに手を染めていきます。

限界点は日本ツアーの最中でした
『皆には気が狂ったとでも言っといてくれ』
と言い残し
ジョンは帰国
そして脱退してしまいます。

その後、
今はデイブナヴァロ(元Jane's Addiction)を迎え
『ONE HOT MINUTE / ワン・ホット・ミニット』発表。
しかし音楽の方向性の違いにより脱退。

そして…

暗中模索の中…

オリジナルメンバーである
アンソニーとフリーが、ジョンに再度コンタクトを取る。

ジャムを繰り返し

再度加入することに…

このニュースを聞いたときは
『おかえりジョン…』

そう思って新作の
『CALIFORNICATION / カリフォルニケイション』を聞いていました。
少しナイーブになったりしながら。

そしてあたり前の日常を過ごしていた2002年
『By The Way / バイ・ザ・ウェイ』発表。
レッチリ節炸裂のゴツゴツした感じが心地良かった。
そしてジョンが帰ってきて良かったとしみじみ感じた。

ようやく本題かなw

このDVDを見ていました。

3曲目が終わり

曲間

ジョンのギターの音

高い裏声

ジョンのフェイバリットなのかな







染みてきた…

すげ…

すごい…



そして

ジョンのソロが終わって

フリーの紹介を聞きながら

紹介(john anthony mother fxxker fruscinate!!!)照れてるフリーw



アンソニーが跳ねだした



このチャドのリズムって

なんだろ





何か始まった?

『ユニヴァーサリー・スピーキング』



オイオイ泣いた

『ジョンお帰り』って

宝物だ

って

そう思った


以上駄文読んで損したでそw
最後までお付き合いありがとでした^^
こんな事思ったりしましたって
ネットで晒しちゃいました。
オチはないですw

  1. 2006/03/06(月) 21:12:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

こにちはーしゃちょさーん

新メンバーという訳でもないんですが
いつぐらいやろぅ…何ヶ月か前に入ってくれて
今朝5時過ぎくらいに再会したんでSSうpです(・∀・)


【ラー】





なでなでしてあげてくださいな^^
本人いわく初心者なので色々教えてくださいとの事ですb

  1. 2006/03/05(日) 20:50:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

最近の記事

最近のコメント

バナー(うずめさん作)


たこぱんだ

カレンダー

02 | 2006/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

タコ壁紙(ユロ作)


リンク

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

(C)HUDSON SOFT ALL RIGHTS RESERVED. 株式会社ハドソンの著作権を侵害する行為は禁止されています。

無料ホームページ ブログ(blog)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。